こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 生命医科学部ホーム
  2. > 2012年度のニュース一覧
  3.  > 生命医科学研究科学生が学会発表において優秀論文発表賞を受賞

生命医科学研究科学生が学会発表において優秀論文発表賞を受賞

'12年6月1日 更新
生命医科学研究科 渡邉 翔太郎さんが学会発表において、優秀論文発表賞に選ばれました。

2012年5月28、29日東京工業大学にて開催された海洋音響学会2012年度研究発表会において、渡邉 翔太郎さん(生命医科学研究科・生体情報研究室)の発表が優秀論文発表賞に選ばれました。本賞は優秀な発表を行った学生及び若手研究者に対して授与されるものです。

生物ソナーの工学的応用を目指す研究で、大規模なマイクロホンアレイシステムの構築により、野生のコウモリが行う高度で効率的な空間センシングに関する行動戦略の一端を明らかにしました。

発表題目「コウモリの野外での獲物探索時におけるソナー行動戦略―マイクロホンアレイシステムを用いたパルス放射方向と音響特性の分析―」
発表者
(受賞者)
渡邉 翔太郎(生命医科学研究科 博士前期1年)
連名者藤岡 慧明(生命医科学研究科 博士後期)
渡辺 好章(生命医科学部 教授)
力丸 裕(生命医科学部 教授)
太田 哲男(生命医科学部 教授)
飛龍 志津子(生命医科学部 准教授)
生命医科学研究科 渡邉 翔太郎さん