こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 生命医科学部ホーム
  2. > 2012年度のニュース一覧
  3.  > 文部科学省「平成24年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に採択

文部科学省「平成24年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に採択

'12年6月12日 更新
医生命システム学科の教員が中心となり構想した研究プロジェクト「高次神経機能障害の発症メカニズムの解明と新規治療法の開発」が、文部科学省の「平成24年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に採択されました。この研究プロジェクトは5年間(平成24年〜28年度)で、総額約2億円(うち文部科学省からは約1億円の補助金)の事業規模で進めるもので、アルツハイマー病やパーキンソン病に代表される高次神経機能障害の発症メカニズムの解明と新規治療法の開発を研究目的としています。

研究プロジェクト名

高次神経機能障害の発症メカニズムの解明と新規治療法の開発

研究者名

研究代表者
医生命システム学科
小林 聡

テーマ1(神経細胞の機能維持メカニズムの解明ならびに創薬への展開)
医生命システム学科
西川 喜代孝
医生命システム学科
小林 聡
医生命システム学科
高橋 美帆
医生命システム学科
谷口 浩章
東京大学
菅 裕明

テーマ2(神経細胞の酸化ストレスによる機能障害と細胞死メカニズムの解明)
医生命システム学科
野口 範子
医生命システム学科
斎藤 芳郎
医生命システム学科
浦野 泰臣
脳科学研究科
御園生 裕明
東京女子医大
柴田 亮行

テーマ3(ヒト検体・疾患モデルマウスを用いたin vivoの病態解析と治療法開発)
医生命システム学科
井原 康夫
医生命システム学科
舟本 聡
医生命システム学科
宮坂 知宏
脳科学研究科
元山 純
順天堂大学
貫名 信行