こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 生命医科学部ホーム
  2. > 2012年度のニュース一覧
  3.  > 生命医科学研究科 学生が国際会議においてポスター賞を受賞

生命医科学研究科 学生が国際会議においてポスター賞を受賞

'12年10月11日 更新
生命医科学研究科 物理学研究室の泉野 亨輔さんが2012年9月16〜21日にルーマニアのママイアで開催された超高強度レーザーとその応用に関する国際会議”The International Committee on Ultra-High Intensity Lasers (ICUIL) 2012 Conference”において、若手研究者を対象にしたポスター賞を受賞しました。同研究室では、桐山博光客員教授らにより、レーザー駆動粒子加速による小型粒子線がん治療器開発に関する研究を行っています。今回の成果は、次世代レーザー材料として注目されているYb系セラミック材料の分光特性を温度の関数として世界に先駆けて取得・評価したものであり、超高強度レーザーの飛躍的な進歩に貢献する顕著なものです。

発表題目“Temperature dependency of the emission cross-section of Yb-doped ceramic materials from 298K to 393K”
連名者泉野 亨輔
(生命医科学研究科 博士前期課程1年)
石﨑 健馬
(生命医科学研究科 博士前期課程2年)
剣持 貴弘(生命医科学部 准教授)
和田 元(理工学部 教授)
桐山 博光(生命医科学研究科 客員教授)
生命医科学研究科 物理学研究室 泉野 亨輔さん