こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 生命医科学部ホーム
  2. > 2012年度のニュース一覧
  3.  > 生命医科学研究科 村本 貴茂さんが日本音響学会関西支部 若手研究者交流発表会において、最優秀奨励賞に選ばれました

生命医科学研究科 村本 貴茂さんが日本音響学会関西支部 若手研究者交流発表会において、最優秀奨励賞に選ばれました

'12年12月26日 更新
2012年12月9日、産業技術総合研究所 関西センターにて開催された「日本音響学会関西支部 若手研究者交流発表会」において、村本 貴茂さん(生命医科学研究科、超音波エレクトロニクス・生体計測研究室)の発表が最優秀奨励賞に選ばれました。本賞は、科学的に優れた発表をした若手研究者に対して授与されるものです。また、発表に対して有意義な質問をした人に対して授与されるベストコメンテーター賞も併せて受賞しました。

発表内容超音波DDS(Drug Delivery System)や、標的指向性造影剤の実現に向けた研究で、マイクロバブルの標的指向性吸着を、圧電センサを用いて計測することに成功しました。
発表題目「圧電センサによるマイクロバブルの標的指向性の評価」
発表者
(受賞者)
村本 貴茂
(生命医科学研究科 博士課程(前期課程)2年)
連名者下谷 遼資(理工学部 電子工学科)
吉田 憲司(生命医科学研究科 助手)
渡辺 好章(生命医科学研究科 教授)
生命医科学研究科 村本 貴茂さん