こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 生命医科学部ホーム
  2. > 2014年度のニュース一覧
  3.  > 生命医科学研究科 大田将太郎さんが学会発表において最優秀ポスター賞に選ばれました

生命医科学研究科 大田将太郎さんが学会発表において最優秀ポスター賞に選ばれました

'14年10月14日 更新
2014年10月10、11日に函館市国際水産・海洋総合研究センターにて開催された第10回日本バイオロギング研究会シンポジウムにおいて大田将太郎さん(生命医科学研究科 医工学・医情報学専攻 生体情報研究室)の発表が最優秀ポスター賞に選ばれました。本賞は同研究会において最も優秀なポスター発表を行った若手研究者に授与されるものです。本発表では、疑似蛾を用いたコウモリの捕食のための音響行動を調べた結果、複数のターゲットから獲物を選択する際、コウモリが有意に用いるエコーの音響的性質を明らかにしました。

発表題目
「エコー音響特性の異なる擬似蛾に対するコウモリの捕食行動の観測」

発表者(受賞者):大田将太郎 (生命医科学研究科 博士前期課程)

連名者:
緒方大樹(生命医科学研究科 博士前期課程)
木下由貴(生命医科学研究科 2014年3月に修了)
力丸裕(生命医科学部 教授)
渡辺好章(生命医科学部 教授)
太田哲男(生命医科学部 教授)
飛龍志津子(生命医科学部 准教授)