こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 生命医科学部ホーム
  2. > 2016年度のニュース一覧
  3.  > 生命医科研究科 角谷美和さんが学会発表において学生優秀発表賞を受賞しました。

生命医科研究科 角谷美和さんが学会発表において学生優秀発表賞を受賞しました。

'16年9月26日 更新
日本音響学会2016年春季研究発表会において、角谷美和さん(生命医科学研究科 医工学・医情報学専攻 医情報学コース / 脳神経行動工学研究室)の発表が、学生優秀発表賞に選ばれました。
本賞は、将来の音響学の発展を担う若手研究者を奨励するため、優秀な発表を行った学生会員に授与されるもので、ヒトがエコーロケーションによってテクスチャの違いが弁別できること、またその手がかりとなる音響的特徴を実験的に明らかにしました。

発表題目:
「超音波バイノーラルエコーを用いたヒューマンエコーロケーション:ターゲットの質感に関する評価」

発表者(受賞者):角谷美和(生命医科学研究科 博士課程後期課程2年)

連名者:
猿丸祐樹(生命医科学研究科を2016年3月に修了)
晩田泰斗(生命医科学研究科 博士課程前期課程1年)
蘆原郁(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 主任研究員)
小林耕太(生命医科学部 医情報学科 准教授)
渡辺好章(生命医科学部 医情報学科 教授)
飛龍志津子(生命医科学部 医情報学科 准教授)

表彰状を持つ角谷さん