1. 生命医科学部ホーム
  2. 2022年度のニュース一覧
  3. 生命医科学研究科 医生命システム専攻 Biplab Kumar Dashさんらの論文が「Redox Experimental Medicine」に掲載されました。

生命医科学研究科 医生命システム専攻 Biplab Kumar Dashさんらの論文が「Redox Experimental Medicine」に掲載されました。

'22年11月25日 更新
Biplab Kumar Dashさん(生命医科学研究科 医生命システム専攻 システム生命科学研究室)、浦野泰臣(生命医科学部 医生命システム学科 准教授)、野口範子(生命医科学部 医生命システム学科 教授)らの招待総説が2022年8月付「Redox Experimental Medicine」に掲載されました。
パーキンソン病原因遺伝子の一つであるPARK7がコードするタンパク質DJ-1は、抗酸化防御をはじめとして多くの生理的機能を持つ多機能タンパク質です。そのためDJ-1の機能異常は神経変性疾患やがん、炎症性疾患など様々な疾患に寄与しています。システム生命科学研究室では、これまで酸化型DJ-1の特異的抗体の樹立やオートファジーを介した非典型的な分泌機構などを明らかにしてきました。本総説は、新たに創刊されたRedox Experimental Medicine 誌の第一巻を飾る論文の一つとして、DJ-1の機能や疾患への関与を紹介するとともに治療標的としての価値を議論しています。
総説の詳細は、以下の関連情報をご覧ください。

総説タイトル
Redox-sensitive DJ-1 protein: an insight into physiological roles, secretion, and therapeutic target

著者
Biplab Kumar Dash, Yasuomi Urano, Yoshiro Saito, and Noriko Noguchi

雑誌
Redox Experimental Medicine, (2022) 2022, R96-R115.

関連情報
DOI: 10.1530/REM-22-0007
Biplab Kumar Dashさん(生命医科学研究科 医生命システム専攻 システム生命科学研究室)、浦野泰臣(生命医科学部 医生命システム学科 准教授)、野口範子(生命医科学部 医生命システム学科 教授)らの招待総説が2022年8月付「Redox Experimental Medicine」に掲載されました。
パーキンソン病原因遺伝子の一つであるPARK7がコードするタンパク質DJ-1は、抗酸化防御をはじめとして多くの生理的機能を持つ多機能タンパク質です。そのためDJ-1の機能異常は神経変性疾患やがん、炎症性疾患など様々な疾患に寄与しています。システム生命科学研究室では、これまで酸化型DJ-1の特異的抗体の樹立やオートファジーを介した非典型的な分泌機構などを明らかにしてきました。本総説は、新たに創刊されたRedox Experimental Medicine 誌の第一巻を飾る論文の一つとして、DJ-1の機能や疾患への関与を紹介するとともに治療標的としての価値を議論しています。
総説の詳細は、以下の関連情報をご覧ください。

総説タイトル
Redox-sensitive DJ-1 protein: an insight into physiological roles, secretion, and therapeutic target

著者
Biplab Kumar Dash, Yasuomi Urano, Yoshiro Saito, and Noriko Noguchi

雑誌
Redox Experimental Medicine, (2022) 2022, R96-R115.

関連情報
DOI: 10.1530/REM-22-0007
関連情報